大丈夫。私も生き延びたから

いいじゃん、こうして生きているんだから。少しずつ、楽に生きる方法が見つかってきた。

心と思い

こんばんは!
今日学んだことをフレッシュなまま共有しますね!


次の2つのシチュエーションに対して、あなたが感じるであろう感情を考えてみてください。(もし可能なら、メモに書いた方が分かりやすいかもです!)


①あなたは仲の良いクラスメート(職場の友達)であるAさんと喧嘩をしていまい、落ち込んでいます。その後、あなたは同じ図書委員会のBさんに、先日のミーティングの内容を共有しようと、声を掛けました。しかし、Bさんは「今急いでいるから」と走り去りました。


②あなたは仲の良いクラスメート(職場の友達)であるAさんと共に皆の前で先生から(上司から)褒められました。その後、あなたは同じ図書委員会のBさんに、先日のミーティングの内容を共有しようと、声を掛けました。しかし、Bさんは「今急いでいるから」と走り去りました。



①と②のシチュエーションであなたはどのような感情になりますか?
私は
①→きっと、AさんがBさんに私の悪口を吹き込んだから、Bさんは私と距離を置いているんだ・・・・(凹む)
②→Bさんは単純に今忙しいんだな。また、時間のありそうな時に声を掛けよう。
という感情になるかな~と想像しました。


①も②も客観的な事実は「Bさんが今急いでおり、走り去った」ということです。
それは、両方のシチュエーションで同じです。


何が違ったか、それは、あなたが置かれている心理的状況。
・どのように状況を捉えるかは、あなたの感情・気分が決める
というものです。


なにが言えるかというと、ネガティブな気分であるときには、あまり良くない解釈をしがちであり、その解釈によって、気分が悪化、落ち込んでしまうという負のループが生まれてしまうというものでした。
「ネガティブな感情を持って決めることは正しくないことが多い」と言われるのもコレが故ですね。


あなたをポジティブな気持ちにする日々の活動は何ですか?
一方、ネガティブな気持ちにする日々の活動は何ですか?
私は、映画をみたり、本を読んだり、絵を描いたり、シャワーを浴びたりすると
ポジティブな気持ちになります。
一方、ずーっとだらだらネットサーフィンをしているとネガティブな気持ちになります。


ネガティブな活動を減らすことは難しいかもしれませんが、日々の生活の中でポジティブな活動を増やすことができたらいいですね!


P.S. 人間である以上、ネガティブな感情は感じるものだと思うので、「悲しいね」「辛かったね」と自分の心の声に耳を傾け、寄り添うことができたら100点!ですね。
難しいけれども。


少しでも、生きやすくなりますように。
はな。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。